持参して良かった海外へお役立ちグッズは?

出発の手荷物に忘れてはいけない安心の品物は

海外に行く時には、機内持ち込みのスーツケースに持って行くと安心の品物はそれぞれお気に入りが有ると思いますが、経験かお話しますと、フライトの途中で申請する書類への必要な、パスポート番号、ホテルの名前や住所、日本の家族の連絡先などは暗い飛行機の席で見やすいよう大きな文字で書いた手帳。 フライト途中で体調が悪くしたりした時や到着が何かのアクシデントで遅れそうになった時の為に一日分の下着。 飲み物で汚したときにも安心です。 乗り換えなどで食事を取る暇が無い時や、飛行機の遅れなどに備えて飴やちょっとした食べ物。(特に普段召し上がらない方にも飴の持参はお勧めです、神経が疲れた時には想像以上の力を発揮してくれます。

天気に関係なく何時持ち歩いて便利なグッズは

日本の方は海外に行くと寒がりに思います。 ついその日の天気と気温だけを考えて出掛けてしまうと、雨が急に降ったり、風が強くなったりした場合など、又タクシーやバス、又プールサイドや海辺で我慢できない寒さを感じる時が有ります。 そんな時薄手のナイロンの雨具が何かと便利です。 海辺で泳いで一休みの時も濡れたまま羽織ってもバスタオルなどよりずっと暖かいです。 エアコン効きすぎのバスやタクシーには小さく丸めた薄めのダウンもとても役立ちます。南国への旅の時にも小さくなるなら雨具と一緒に持って行かれるとお役にたつと思います。 帽子は服と繋げるグッズを持って行かれるのをお勧めです。急な風で飛ばされたり、バスの中に忘れたりするのを防げます。